菓匠芝山の和菓子教室日記






プロフィール

すーさん

  • Author:すーさん
  • 7月の教室は
     葛まんじゅう か
     こなし(びわ・朝顔)です!

     
    7月の定休日は
       
       7日
      14日
      21日
      28日です!
      

       
       基本的に私が行ってる
    「和菓子教室日記」です、
    その他にも、お菓子(商品の)事などを時間があれば紹介していきます。  
    でも、まだまだPC(ブログ)の扱いが未熟で…   ’61生まれ うお座 O型 です!
    趣味: 
    酒・映画・スポーツ

      



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もう明日から
 栗一粒の作り方

計量
20070909173254.jpg
栗込みで38gになる様に練切り(黒餡製)を計ります。


成形
中に包み込んだ栗の向きを確認しながら成形します。


仕上げの羊羹かけ
20070909173921.jpg
オタマですくった羊羹を勢いよくかけます。
そうしないと、羊羹がかからない部分が出来てしまいます。


 生地の計量の前に、まずは羊羹を炊いておきます


 栗きんとんの作り方

 計量した後で布巾に包んで
親指・人差し指・中指の三本を等間隔になる様に当てて窪みを付けます。
20070909174935.jpg


 するとこういう風に出来ます
20070909175130.jpg




 今回のは割りと簡単に出来ますよ

 初めて参加しようかな と思ってる方には良い内容ですよぉ



 この二種類と栗大福を詰め合わせて[栗づくし]というネーミングで販売してます
スポンサーサイト

テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://shibayama.blog11.fc2.com/tb.php/478-7c126553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【栗大福(15個入り)】やわらか栗が丸ごと!

ひと粒栗を水煮した後、栗の柔らかさを出すために、蒸しあげるというひと手間を加えました。これが美味しさの秘密です!「あんこ」とまちがえるくらいの「やわらか栗」を、小豆の「こしあん」でくるんで、最後に、やわらか「羽二重餅」で、おいしく包んで仕上げました。【お 大福がいいと思う【2007/09/17 11:25】




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。